どんな「着物」が高値で売れるのか?

どんな「着物」が高値で売れるのか?

今までの私の体験から言うと、当然ですが素材が「正絹」。「正絹」であることがまずは大前提。・・ということになります。化繊は基本的には、限りなく査定は「ゼロ」に近い物になると思いました。

素材についてのこだわりはどの業者も同様で、今流行のデザイン物や「ブランド」であったとしても、高額の査定は無理というものです。むしろ「ついでに引き取って頂く」気持ちでいた方が、よいかも知れませんね。

次に、汚れやシミ。年代物でそれなりに色褪せがあれば、例え正絹であったとしても査定落ちは免れないでしょう。

保存状態がそこそこ良く、前の購入先がしっかりと履歴される「証紙」なども保存されているのであれば、査定額はアップします。但し、私の体験から礼服となる黒系の留袖(購入時はかなりの高額品)がほぼ最低の査定額でした。

プロである査定員の話によると、むしろ一般の「訪問着」や「振袖」などの方が「良い値」がつくとのことです。但し、着物そのものの寸法サイズが大きいほど後日の「お直し」がきくため有利であるとのことでした。

浴衣は現在ヤングの間で流行していますが、いざ古着として査定すると、とんでもない安値となります。この辺は、予備知識として心得ていた方が良いと思いました。