【文句なし堂々1位】【着物買取専門店 ザ・ゴールド】

正絹の話

予備知識

正絹の話

養蚕業、製糸業は明治以降の日本が近代化を進める上で、重要な基幹産業であり、殖産興業の立役者のひとつであったと言えます。ほぼ前後して清(中国)でも製糸業の近代化が欧米資本及び現地の官民で進められました。
元々国内での需要と消費が多く、生産者も多かった日中両国での機械化による生産量の増大は、絹の国際価格の暴落を招き、ヨーロッパの絹生産に大打撃を与えました。

 

なお、日本と中国における最初の近代的な製糸工場と言われる富岡製糸場と寶昌糸廠(上海)の技術指導を行ったのは、同じフランス人技師であるポール・ブリュナー でした。1909年、日本の生糸生産量は清を上回り、世界最高となりました。生糸は明治、大正と日本の主要な外貨獲得源でしたが、1929年以降の世界恐慌では、世界的に生糸価格が暴落したため、東北地方などを中心に農村の不況が深刻化しました。(農業恐慌)。

 

第二次世界大戦で日本、中国、ベトナムなど東アジア諸国との貿易が途絶えたため、欧米では絹の価格が高騰。
このためナイロン、レーヨンなど人造繊維の使用が盛んになったわけです。戦後、日本の絹生産は衰退し、現在は主に中国から輸入に頼っています。

 

1998年の統計では、日本は世界第5位の生産高ですが、中国、インド、ブラジルの上位3ヶ国で全世界の生産の9割を占め、4位のウズベキスタンも日本を大きく引き離しています。2010年現在では、市場に提供する絹糸を製造する製糸会社は、国内では僅かに2社のみとなっています。

 

コメント