着物用語一覧


故人の着物をいざ買取してもらうにも、近年の傾向として、もともと着物に余りご縁が無い方々が多くなりました。日本の女性であれば概ね理解はしているのですが、それでもいざ売却の段になり恥をかくこともしばしば・・。そのようなわけで、着物用語についての予備知識的コーナーをつくりました。

小紋(こもん)とは?

小紋(こもん)は日本の着物(和服)の種類の一つです。全体に細かい模様が入っていることが名称の由来であり、訪問着、付け下げ等が肩の方が上になるように模様付けされているのに対し、小紋は上下の方向に関係なく模様が入っています。

浴衣(ゆかた)とは?

和服の中でも最も単純かつ基本的な構造です。また反物も比較的安価であることから、家庭科の授業で和裁の基礎を学ぶ際に、浴衣を縫うことが多いのです。本来は素肌の上に直接着るものです。

訪問着(ほうもんぎ)とは?

特徴として「絵羽」と言われる模様づけがあります。これは最初に生地を採寸通りに裁断して仮縫いし、着物として仕立てた時点でおかしくならないよう絵を描いた後、再びほどいて染色作業をするもので、柄づけは、帯の上にも下にも柄があり、そのすべてが縫い目をまたいでつながるのが特徴です。

付け下げ(つけさげ)とは?

付け下げ(つけさげ)は付下げとも書き、日本の女性用の和服で、訪問着を簡略化した染めの着物のことをさします。外見的な特徴は、訪問着より模様が少なく、衿と肩、裾の前身頃とおくみの模様がつながっていないことが特徴です。

振袖(ふりそで)とは?

振袖(ふりそで)は、身頃と袖との縫いつけ部分を少なくして「振り」を作った袖をもつ着物です。現代では若い女性の、黒留袖や色留袖、訪問着に相当する格式の礼装といえます。成人式、結婚式の花嫁衣装・参列者双方で着用される機会が多いです。