【文句なし堂々1位】【着物買取専門店 ザ・ゴールド】

予備知識

予備知識

正絹の話

正絹の話 養蚕業、製糸業は明治以降の日本が近代化を進める上で、重要な基幹産業であり、殖産興業の立役者のひとつであったと言えます。ほぼ前後して清(中国)でも製糸業の近代化が欧米資本及び現地の官民で進められました。 元々国内での需要と消費が...
0
評価・口コミ

買取プレミアムの査定員の「先生」、ありがとう!

買取プレミアムの査定員の「先生」、ありがとう! 祖母、母と二代が残した遺産が「着物」でした。 3つの和タンスに着物がびっしりと詰まっており、管理と保存はかなり大変なのです。 外に出ていた妹からの提案で、二人でこれを売ろうとアク...
9
予備知識

正絹の話3

正絹の話3 正絹であるが故の利用と価値観 絹自体の光沢ある質感を最大限に生かした本しゅす織り(サテン)生地の材料にします。着物をはじめ、多くの衣類の素材に利用され、どちらかというと価値観が高いです。素材生地など反物はもちろん高額の取引と...
0
予備知識

どんな「着物」が高値で売れるのか?

今までの私の体験から言うと、当然ですが素材が「正絹」。「正絹」であることがまずは大前提。・・ということになります。化繊は基本的には、限りなく査定は「ゼロ」に近い物になると思いました。
0
予備知識

正絹の話2

正絹の話2 絹(きぬ、シルク)は、ご承知のように、蚕の繭からとった動物繊維です。独特の光沢を持ち、古より珍重されてきました。蚕が体内で作り出すたんぱく質・フィブロインを主成分とします。1個の繭から約800~1,200メートルとれるため、天...
0
予備知識

正絹の話4

正絹の話4 正絹のメリット、デメリット 特に正絹の着物は売却時には必要十分条件と言われているが、必ずしも正絹の着物が全て高額取引できるという意味でもない。矛盾しているようであるが、売却時、査定時には保存状態(シミ、黄変、虫食い)などが良...
1